ベトナムの魅力に出会って、今すぐ現地に行きたくなっちゃうメディア「Meets Vietnam -ミーツ ベトナム-」

ベトナムってどんな国


個性いろいろ!

ベトナムの地域と主な都市

地域ごとに異なる個性もベトナムの魅力。知っておくときっともっと楽しめる。

日本列島とよく似て、南北に細長い国土を持つ国、ベトナム。遺跡や古都、世界遺産、フランス統治時代の面影を残す風景、ビーチリゾートなどなど、初心者にも上級者にも楽しみ満載のこの国は、魅力や個性も地域によって違います。

歴史・文化の中心で、文化財も多く残る首都ハノイを拠点に、山あり、水辺ありの自然豊かな景観をたたえるエリア。美しい村々に、情緒あふれる文化や芸術、お米のおいしさも自慢の北部は、日本人好みのグルメが見逃せない!

【北部の主な都市】

ハノイ

歴史と文化に彩られたベトナムの首都。
南のホーチミンシティが商業の中心なのに対し、こちらは政治の中心都市。
1000年の歴史を持つこの古都は、由緒ある寺社やコロニアル建築、豊かな緑や湖などの自然が調和し、独得の風情をたたえています。

遺跡や博物館も多数点在しているので見どころもいっぱい。
旧市街のノスタルジックな街並みも、川の幸を使った北部ならではのグルメも、近代化する新都市の表情も…丸ごと楽しめるのがハノイの魅力!

ベトナム最後の王朝、阮(グエン)朝の都であった古都フエやかつての境界線をはじめ、世界遺産に登録された街、遺跡が歴史の深さを物語る中部エリア。新市街と旧市街の対照的な街並み、フエ宮廷料理の味わいなど、しっとりゆっくりした時間を味わえます。また、最近ではラグジュアリーなビーチリゾート開発が進み、洗練されたホテルやレストランが続々とオープンし、注目を集めています。

【中部の主な都市】

フエ

ベトナム最後の王朝、阮(グエン)朝の都が置かれた街、フエ。
ゆったりと流れるフォーン川を境に旧市街と新市街に分かれ、川のほとりには阮朝王宮跡や寺院、皇帝廟など風格ある建築物が点在しています。
こうした建造物群は1993年にベトナム初の世界遺産に登録され、王朝時代の古の雰囲気がたっぷり。王都であっただけに宮廷料理や小皿料理などで知られるレストランも人気。フエならではの食文化もぜひ一度ご賞味あれ!

ダナン

人口約89万人という中部最大の商業都市、ダナン。
古くから国際貿易港として栄えたこの街は、明るく活気にあふれたベトナム第3の都市。
ここダナンは、リゾート開発が進む東側のソンチャー半島と西側に広がる市街地に大きく分かれます。
賑やかなメインストリートや市場だけでなく、絶景が広がる五行山、フランス統治時代に建てられたダナン大聖堂、砂浜のきれいなノンヌオック・ビーチは見逃せないスポット。
世界遺産のミーソン聖域もお忘れなく!

ベトナム最後の王朝、阮(グエン)朝の都であった古都フエやかつての境界線をはじめ、世界遺産に登録された街、遺跡が歴史の深さを物語る中部エリア。新市街と旧市街の対照的な街並み、フエ宮廷料理の味わいなど、しっとりゆっくりした時間を味わえます。また、最近ではラグジュアリーなビーチリゾート開発が進み、洗練されたホテルやレストランが続々とオープンし、注目を集めています。

【南部の主な都市】

ホーチミンシティ

かつてサイゴンと呼ばれていたホーチミンシティは、首都ハノイをも凌ぐベトナム最大の商業都市。
ホーチミンシティ随一のショッピングストリートであるドンコイ通り周辺には、フランス統治時代のシックなコロニアル様式の建物が現存。さらに近代的なデパートや高級ホテル、流行のショップなどが建ち並び、伝統的なベトナム料理からフレンチまで味わえる今やショッピング&美食天国!歴史的建造物や博物館も見応え満点のエネルギッシュな街。
ベトナムの中では比較的英語が通じる場所が多いのも助かります。
少し移動すれば、メコン川クルーズのアクティビティも楽しめますよ。

ニャチャン

ニャチャンといえば、年間約100万人が訪れるベトナム有数のリゾート地。
白い砂浜と青い海、ヤシの並木、サンゴ礁の島...「ベトナムで一番のビーチは?」と聞くとまず名前があがる、まさにリゾートパラダイス!ダイビングスポットあり、新鮮な海産物ありで、欧米人旅行者にも人気です。
リーズナブルなホテルが多い上、遺跡や寺社、温泉、レストラン&ショップなどなど、ビーチ以外にも楽しみがいっぱい!長期滞在者が多いのもナットクです。