ベトナムの魅力に出会って、今すぐ現地に行きたくなっちゃうメディア「Meets Vietnam -ミーツ ベトナム-」

ベトナムってどんな国


現地の足は!

ベトナム国内での移動手段

効率的に楽しむか、敢えてゆっくり楽しむか。旅の足の計画に。

ハノイやホーチミンなど、主要都市間の長距離移動に便利なのは飛行機、もしくは鉄道。 市内を移動するなら安全なのはタクシー、低料金で長距離を移動したいならバス、ベトナムの情緒を味わいたいならシクロ…と目的に合わせて賢く選ぶのも楽しみの1つです。 ハノイもホーチミンもバイクがとても多いので、歩行時には気をつけて!

長距離移動

飛行機

南北に細長いベトナムでは、国内の長距離移動は飛行機が便利。日本でベトナム航空の国際線と国内線のチケットをセットで買うと、時期によっては安くなることもあります。現地の航空会社や旅行会社でも簡単に購入でき、高級ホテルならコンシェルジュに頼んでもOK。ただし、急なスケジュール変更もあるので、リコンファーム(予約の再確認)を自分でする必要があるときは忘れずに!

ココがオススメ

移動時間が圧倒的に短いので、短期でのベトナムステイを思いっきり満喫できちゃいます。ハノイ⇔ダナンなんて弾丸ツアーもオススメ。

鉄道

主要な観光都市の移動なら、ハノイ~ホーチミンを南北に縦断する統一鉄道がオススメ。
他にも、ハノイ~ハイフォン、ラオカイ、ドンダンを結ぶ3つの路線やホーチミン~ファンティエットを結ぶ路線があります。ちなみに、統一鉄道でハノイ~ホーチミン間は約30時間~40時間ほど。

ココがオススメ

1週間近くの滞在なら鉄道で行ってみるのもいいかも。ノスタルジックな駅舎や鉄道の車体は鉄道オタクじゃなくても心惹かれるものがありますよ。

長距離バス

移動距離が長いときは、時間的余裕があるなら長距離バスもオススメです。確かに時間はかかりますが、地元の人々との交流や思いがけない景色との出会いも期待できるかも。「ベトナム」をダイレクトに感じたいなら利用してみてはいかが!?

ココがオススメ

とにかく安い!移動にお金をかける余裕がない旅には絶好の移動手段です。現地の方とのコミュニケーションがあったり学生さん向けかもです。

街中移動

タクシー

ハノイもホーチミンも交通事情はほぼ同じ。タクシーは、路線バスやシクロに比べると割高ですが、観光にはもっともオススメ。日本と同じように手を挙げて停めたら、ドアは自分でオープン。ベトナム語しか話せないドライバーもいるので、目的地は事前にメモしておくと便利です。

ココがオススメ

数人で場所を決めて回るなら貸切タクシーという選択肢も一考の余地あり。迷うことがないので快適かつ効率的にスポットを回れちゃいます。

路線バス

事前に行きたい場所のバス停や路線番号をチェックしておけば、街中の移動はバスも便利。料金は車内で車掌さんに支払い、降りるときはドライバーにあいさつを忘れずに。小さなコミュニケーションが大きな出会いにつながるかもしれませんよ。

ココがオススメ

ベトナムの街中の喧騒をフルに味わうことができるのがバス移動の醍醐味。街中でのスポットの移動に利用してみるのもありかも。

シクロ

自転車の前に座席だけを付けた人力車・シクロは、ベトナム情緒たっぷりの移動手段。ただ、最近では交通事故の多発などからホーチミンへの乗り入れは禁止され、ハノイの旧市街でのみ利用できます。

ココに注意!

シクロの料金は交渉次第。しかも運転手はベトナム語しか話せない場合がほとんどなので、高額な料金を請求されることも。利用するなら現地ガイドが同行している時が安心です。

  

シクロ画像

 

バイクタクシー

バイク社会であるベトナムらしさ満点の交通手段。ハノイでもホーチミンでも街のいたるところで停められますが、料金交渉をしないと高めの金額を要求されるので、観光には不向きかもしれません。でも、これを乗りこなせればあなたもベトナムマスター!?

ココに注意!

ハノイもホーチミンも交通量が多く、運転マナーもベトナム流。荒っぽい運転だったら無理せず別の手段を。

  

シクロ画像