ベトナムの魅力に出会って、今すぐ現地に行きたくなっちゃうメディア「Meets Vietnam -ミーツ ベトナム-」

「ダナン」の記事一覧

ソフトバンクのキャンペーンで、AKB48仲良しコンビ、入山杏奈さんと加藤玲奈さんがダナンへ女子旅しました!   おいしい料理はもちろん、ビーチでの朝ヨガ、パワースポット五行山の登山など、ダナンを満喫されたようです♪ 散策途中にカフェで一息♥ ショッピングも。自分や友達へのお土産も忘れません。 成田からの直行便もありますが、今回はハノイを経由し、快適な最新機材を体験していただきました♪ & […]
ベトナム中部のビーチリゾート・ダナンと、ノスタルジックな街並みで人気の世界遺産・ホイアンをメインに紹介した初の本格ガイドブックが、『地球の歩き方』より発売されます! 手ごろなサイズと薄さにも関わらず、モデルプランを含めた知りたい情報が満載。グルメ、ショッピング、ビューティーなどの項目別に分かれているので、見たい情報がすぐに探せるのもポイントです。   現地を実際に取材して見つけたおススメ […]
「ハイアット リージェンシー 大阪」では、8月11日(金・祝)~31日(木)の期間限定で、「ベトナムからの風~Vietnamese Breeze~」と題したベトナム料理のブッフェを開催。   ランチ・ディナーともに本場ベトナム料理をブッフェスタイルでお好きなだけ楽しめます。 春巻きやフォーはもちろん、暑い夏に元気をくれるメニューには、香草をたっぷり使ったものや地元で人気のエビやカニを使っ […]
女性誌『FRaU』(講談社)8月号(7月12日発売)は1冊まるごとベトナム特集。   このベトナム特集号の刊行を記念して、7月12日(水)、東京交通会館(有楽町)前のイベントスペースにおいて、「FRaU(講談社)x Meets(ミーツ) Vietnam(ベトナム)*」と題して、トークショーを開催します。   同イベントでは、FRaU編集部とベトナム航空の担当者によるトークショー […]
テレビ東京の「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」にてベトナム旅行の新常識を公開! 7月に旅行に行くならば、乾季のダナンやホイアンがオススメ! 食べる・体験・定番スポットなどタレント 中山エミリさんが人気沸騰中のダナンの新常識に迫ります。 これを見たら、今年の夏はベトナム旅行に行きたくなりますよ!!! 放送日: 2017年7月5日(水)18:55~21:00 番組名:テレビ東京「ソレダメ!」 […]
「FRaU」8月号 は「知られざる最新リゾート、ベトナム」という」タイトルで、ダナン・ホイアンの感動リゾートホテル、話題のカフェやレストラン、ベトナムコスメをご紹介。ホーチミンの食べる、買う、緩む情報も満載のベトナム丸ごと特集です。   FRaUならではの取材力で、今訪れるべきベトナムを一挙公開! -日本から約6時間で、時差は2時間というショートトリップに最適な場所。 -洗練されたリゾー […]
ベトナム航空では、7月、8月、9月は成田-ダナン直行便を毎日運航いたしますが、ご好評につき、下記の通り臨時便の運航を決定いたしました。   便名 区間 スケジュール 臨時便運航日 運航機材 VN6319 成田→ダナン 09:15発 / 12:45着 2017年7月29日 2017年8月1、2、5、6、9、10、12、13、14、16、19、20、23、26、27日 A321 VN6318 […]
「今、ゴルフ合宿ならベトナム・ダナンだ!」というタイトルで、男3人3泊4日のダナンのゴルフ旅が10ページにわたり、紹介されています。 成田からベトナム航空の直行便があるダナンは、気軽に行かれるリゾート。周辺には世界遺産のホイアン、ミーソン遺跡、フエがあり観光も楽しめる上に、高級リゾートでの滞在も満足度が高く大人気。中には、ゴルフ場を併設しているリゾートもあり、お手頃価格で贅沢なリゾートゴルフを満喫 […]
ベトナム航空(所在地:ベトナム・ハノイ市、社長:ズン・チー・タインDuong Tri Thanh)では、2017年冬季ダイヤより、成田―ダナン線の運航スケジュールを現行の午後15時25分出発から、午前10時の出発に変更して運航することが決定しました。   この時間変更により、出発日の午後早くに、ダナンのホテルにチェックインすることが可能になり、有意義な旅行の計画が実現します。同時に、ダナ […]
2017年4月15日に発売のマガジンハウス「BRUTUS」845号では、~ただのリゾートじゃ物足りない。旅に行きたくなる。 人生を変える楽園へ。~と題して、タヒチやモロッコ、長崎の五島列島とともにベトナムのダナン、ホイアン、ランコーが10ページにわたり紹介されています。 ひとときの非日常を体験する旅ではなく、そこでしか出会えない圧倒的な光景の記憶と共に旅で触れた別の暮らしや世界という感覚や新しい価 […]
12