Hanoi × Play & Experience

2019.04.24

世界遺産のハロン湾は、泊まらないと本当の絶景に出会えない?

  • 手漕ぎボートで穏やかな湾に広がる景色を楽しむ

  • 朝夕に刻々と移ろう空の色に魅了される

  • バーヤ・クラシックで目覚めた朝は、太極拳でパワーチャージ

  • バーヤ・クラシックの客室

結論からいうと、ハロン湾は何としても一泊してほしい。せっかくの旅行だし、いろいろな観光地を巡りたいのはごもっとも。しかしハロン湾だけは、洋上で一泊してほしい。ハロン湾がもっとも美しい時は、朝夕の海が色彩に染まる瞬間。そんな絶景に出会うためには船で一泊する必要があるのだ。

 

ところでハロンは漢字で「下龍」と書く。伝説では、村人をたびたび攻撃する侵略者に山の主の龍が怒り、尾を振り下ろした勢いで山が砕け龍の足跡は深い谷となり、龍が吐いた真珠が奇岩となって海に散った。そんな龍神のパワーは今もハロン湾に流れている。

 

海は時間とともに刻々と色を変えてゆく。日中は鮮やかな緑色。一日の終わりは黄金色に輝き、日の出前はうっすらと桃色に、朝もやに包まれる早朝は青みがかっている。季節や天気によって様々な色を映し出す。1泊2日のクルーズ船はピンからキリまで様々。快適なクルーズ旅を求めるならバーヤ・クラシックがおすすめ。快適な客室、フレンドリーなスタッフ、フレンチとベトナム料理、どちらの食事も美味しいし、アクティビティも充実している。ノスタルジックな木造帆船が誘うハロン湾に、まだ見ぬ絶景が待っている。

Recommended Story