Phu Quoc × Play & Experience

2018.12.14

フーコック島は美味しいがいっぱい!

  • フーコック島は魚醤「ヌクマム」の名産地。最高品質はそのまま飲めるほど。

  • 胡椒もフーコック島の名産品。辛さの中にフルーティーな風味が感じられる。

  • 豊富な魚介類の中でもホタテの炭焼きはダントツに美味しい。仕上げに垂らすヌクマムと薬味が絶妙。ナイトマーケットでは、香ばしい匂いを漂わせる食堂が軒を連ねている。

  • フーコック島の固有種「フーコック犬」。背中のたてがみと大きな耳が可愛らしい。

  • 夕暮れのビーチで遊ぶ子供たち。フーコック島は美しいサンセットが見られることでも知られている。

ベトナム南端に浮かぶフーコック島は「ベトナムの秘境」や「ベトナム最後のリゾート」などと囁かれている。確かに20年前なら、ホテルもわずかで赤土の1本道が島を駆け抜ける秘境だった。だけど今は、リゾート化が進み外資系高級ホテルが続々と進出。さらにカジノリゾート導入計画を政府が承認し、ベトナムの経済特区として開発が進んでいる。

 

そんなフーコック島は、タイランド湾に浮かぶベトナムで唯一海に夕日が沈むリゾート・アイランドだが、海だけでなく見どころも多い。グルメならぜひ訪れたいのがヌクマム工場と胡椒農園。ここはイワシを塩漬けにして発酵させて造る魚醤「ヌクマム」の国内有数の産地。旨味が強い「43°N」(N値=窒素分)はここでしか買えない特級品で、ベトナム人もわざわざ買い求めるほど。ちなみにヌクマムは飛行機への持込が禁止されているのでご注意を。

 

同じく名産品の胡椒は輸出量世界一。中でもフーコック島の胡椒は評価が特に高く、豊潤でフルーティーな香りが特徴でピリッと刺さるような刺激がクセになる。日本ではほとんど見かけることのない貴重なスパイスなので、是非農園の直売所を訪ねたい。

 

押さえておきたい食べ物は、常夏のリゾートだけど海鮮鍋は必須。白身魚にエビ、イカ、アサリなど地元の海の幸をたっぷりいただこう。濃厚な魚介ダシで食べるシメの麺も絶品。朝は地元民で賑わう市場へ、夜は観光客で賑わうナイトマーケットをそぞろ歩くのも楽しい。

 

フーコック島のベストシーズンはこれから。ゴージャスなサンセットが見られるチャンスも大。フーコック要チェック!

Recommended Story

HOT WORDS

RANKING

  • Daily
  • Weekly
  • Monthly