ベトナムの魅力に出会って、今すぐ現地に行きたくなっちゃうメディア「Meets Vietnam -ミーツ ベトナム-」

泊まる
2017年02月22日 ヴィクトリア号 [サパ]

往復約17時間!豪華寝台列車『ヴィクトリア号』に揺られて、ベトナムの山岳地帯へ

LINEで送る
Pocket

車窓の見えない、夜の旅。窮屈なベッドも、列車の音も振動も、なぜか気にならない快適さ。

© Victoria Sapa Resort & Spa

© Victoria Sapa Resort & Spa

 

中国雲南省との国境に程近い町サパへは、ベトナムの人たちは車やバイクで行くこともあるそうですが、観光客の足はほぼ列車に限られます。

ハノイからサパ観光の玄関口ラオカイまで、片道約8時間半の列車の旅。その殆どが夜出発して早朝に着きます。異なるさまざまな会社の連結車両のうち、「ビクトリア・サパ・リゾート&スパ」が運営する列車は、寝台車2両と食堂車(週3日のみ)のみ。異なる会社の車両へは、行き来ができないようになっています。

そしてこの列車の乗客は、必ず「ビクトリア・サパ・リゾート&スパ」に宿泊するため、車内で見かけた人にホテル内でばったり会うことも多いのです。

victoria-train2

列車の旅は、市内中心部から車で10分以内の、ハノイ駅から始まります。

21:50の出発に合わせて、21時過ぎには駅に到着。週6日(土曜以外)のラオカイ行きのうち、食堂車付きは3日のみ。今日は食堂車なしの日なので、事前に腹ごしらえをして、9時半頃乗り込みます。

© Victoria Sapa Resort & Spa

© Victoria Sapa Resort & Spa

 

中に入ると、人が2人すれ違うのがやっとの狭い通路に沿って、部屋が並んでいます。

トイレは男女共同で、1両に1つずつ車両の端にあって、意外にもゆったりと広いのです。お手拭用のミニタオルも完備。

© Victoria Sapa Resort & Spa

© Victoria Sapa Resort & Spa

 

寝室は2段ベッドが両サイドに設置された、4名部屋(2名部屋も2室だけあり)。男女別々ではなく、スタッフによって適当に振り分けられます。

寝るだけなので、それほど気にはならず・・・

写真はイメージですので、実際にはフルーツ等はありませんが、アメニティとして350mlの水のボトルと、ミニタオル、歯ブラシセットが入った、少数民族風デザインのかわいらしいポーチ付き。

victoria-train5

翌朝の6時半、定刻通りラオカイ駅に到着。

一緒にハノイから同行してくれた列車スタッフも、ほっとした様子のこの笑顔です。

早朝の外の空気は、ひんやりしていて清々しい!

~そして2日後~

© Victoria Sapa Resort & Spa

© Victoria Sapa Resort & Spa

 

来たからには、当然のことながら帰らなければなりません。もちろん、帰りも寝台列車で。

また8時間半かぁ・・・と正直ちょっとだけ思いましたが、あっという間でした!

帰りの列車は食堂車付きで、優雅にコースメニューをいただきました。

victoria-train7

この日のメニューは、ローストガーリックスープ&パン、前菜(マッシュルームタルト)、メイン(ビーフ)、デザート(りんごのタルトタタン)。

1両のみで曜日が限られているせいか、食堂車はほぼ満席。

欧米からのお客さんで、閉店時間まで賑わっていました。

victoria-train8

victoria-train9

victoria-train10

 

LINEで送る
Pocket

INFORMATION

ヴィクトリア号

[Victoria Express Train]

住所: Level 10, 157 Pasteur Street, District 3, Ho Chi Minh City(予約)

Tel: +84-8-6290-9720

URL: https://www.victoriahotels.asia/en/victoria-express-train

※掲載の情報は2017年1月現在のものです。

Level 10, 157 Pasteur Street, District 3, Ho Chi Minh City(予約)